公益財団法人PHOENIX

ご挨拶

設立者 吉田 繁

日本に合板が誕生して100年。2007年10月、木材・合板博物館がオープンしました。木材・合板博物館は、多くの情報を集積し展示するだけでなく、皆さんとのふれあいなどを通して「木材及び合板と私たちの環境の未来のために」森林資源の活用による温暖化防止や、安らぎのある暮らしの創造を行うなど、自然と人が共存共栄できる豊かな社会づくりに貢献する博物館です。今後とも皆様の幅広いご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。


館長 岡野 健

岡野館長 博物館の目玉はいくつかありますが、ベニヤレースは際立った目玉の一つです。ベニヤ(veneer)は単板、レース(lathe)は旋盤ですから、ベニヤレースは丸太から単板を作るための機械で、合板工場やLVL工場には必ずあります。それがどうして目玉かといえば、世界に一台しかなく、しかも見学者のために特別に作られたので仕組みや働きがよく分かるからです。もちろん丸太を剥く様を見ることができます。さらにこの外周駆動のベニヤレースは大きな可能性を秘めています。それは瀕死の日本の林業を蘇生させる可能性です。このレースは細い丸太でも、短い丸太でも剥くことができます。すなわち細くて曲った間伐材からでも単板を作ることができるのです。百聞は一見に如かず、是非見に来てください。
木材・合板博物館にはいろいろな木や合板、さまざまな製品が展示されています。それぞれ目的があって展示しているので、是非質問してください。館長はじめスタッフがお答えいたします。

キャラクター
キャラクター
←左から
     Go-kun
     キー子
     板さん

沿革

  
2005 JKホールディングス(株)会長 吉田繁氏、セイホク(株)会長 故 井上博氏の発案により、学識経験者、木材・合板関連団体及び企業が参加し、博物館設立が計画された。
2007.10 東京・新木場  新木場タワ―3階、4階に木材・合板博物館がオープン
2010.1 環境を学ぼうコーナー 新設
2011.10 平成23年度木づかい運動感謝状 拝受
2012.10 浅野吉次郎氏コーナー 新設
2013.6 ベニヤレース初号機 可動模型設置
2013.11.3 「合板の日」制定
2015.10 運営が特定非営利活動法人木材・合板博物館から公益財団法人木材・合板博物館へ譲渡される
2016.06 運営団体の名称が公益財団法人木材・合板博物館から公益財団法人PHOENIXへ変更

Page Top